冬場のキャンプに使うイスについて考える


もうそろそろ冬の寒さも本格化してくる季節。そろそろキャンプ熱が出てきた管理人である。ちなみに今年も11/21〜22で梅ヶ島キャンプを行うので、興味のある方は御参加を…

さて本題。昨年の冬場でのキャンプではメッシュビーチチェア(ローメッシュチェア)を夏場のキャンプと同じように使っていたのだが、いかんせんメッシュでは腰が寒くて寒くて…orz
おそらくメッシュが悪さをしているのは想像がつくが、もう少し考えてみるとイスを使っている限り寒さとの戦いにおいては不利なのでは?と思うようになった。

そう考えるのには理由がある。よく冬場の道路で、橋の箇所が凍結していると言う話を聞いた事があるのではないだろうか?
橋の下には地面が無いために地面に直接接している箇所よりもダイレクトに冷却される→凍結しやすいと言った理論らしいのだが、これを橋=イスと置き換えて考えてみよう。
…イスの下には地面がない。よってダイレクトに尻が冷えやすい…(゚Д゚)ハッ!

この尻が冷えやすいと言う現象を解決するためには、イスの座る部分に断熱素材を使えばいいのだが、もっとお手軽に済ますなら座る部分を地面に接した状態にする、つまり座椅子にしてしまうのが一番ではないだろうか?

B000AQZKP4モンベル(mont-bell) シートホルダー
もしインフレータブルマットを使っているのであれば、それのオプションとしてこのようなオプション品を使ってみるのがいいかと。

これはモンベルのマット用となっているが、横幅のサイズさえ合えば他社のマットでも問題なく使用できる。ちなみに管理人はイスカのコンフィマットレスと組み合わせて使っている。

そんな訳で、次回のキャンプでは夏場と違って座椅子ライフを送ってみようかと考えていたり。楽しみだナァw

投稿者: dgr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)