バイクガレージをDIYしてみる(その14)


20091207MA340136バイクガレージをDIYしてみるシリーズも14回目。今年の春先から作業を開始したものの、完成はまだ先になりそうな予感…とりあえず今回も色々とやってみました。

とりあえず、暖房器具もゲットしたので、次は夜でもある程度作業が出来るように照明が欲しい所だね。今でも工事現場用の蛍光灯ランプを一つ備えているのだが、これ一つで全てを照らすのは流石に無理なようで、作業をしたい場所にランプをいちいち持って行かなくてはならないのが段々と面倒になって来たのである。
壁を完全に作りこんでしまうと、後で配線を引きまわすのは見栄え的によろしくないので、どちらにせよ今のうちにやっておくのがいいだろう、と言うことでホムセンで電線、電線用コネクタ、照明スイッチなどを買い揃えて来た。さあ作業開始と行きましょうか。

計画としてはガレージ入口左側手前と奥の二つ、右手に一つ明りを取り付ける。右手の明りは今まで使用している工事現場用のを仮配線としてしばらくは使いまわす。左手側は仮配線では無く、壁の内部に電線を這わせて本格的に使えるようにしてみよう。

作業を開始してから、途中の写真は例によって無いw
(いつも作業に夢中になってしまって、撮るのが億劫になってしまうんだよねぇ…)

20091217MA340140
次に挙げた写真はガレージ中央に工事現場用照明をつけてみたもの。一応作業前のイメージ写真みたいなものですな。
点光源一つだけだと部屋の隅にいると思ったよりも暗いと感じる。細かい作業はこれだと出来ない感じだ。

20091217MA340141
そしてこちらが作業後の写真。右側の照明がガレージ入口左奥のもの。写真では見えないが、画面左上の部分が少し明るくなっているかと思う。これがガレージ入口左手前の照明である。これらと今までの工事現場照明の3灯をつけるとかなり明るくなって、夜の作業もやりやすくなってきた。

20091220MA340143
そして、夜な夜な断熱材を壁に嵌め込んでいる管理人であった…
だんだんと隙間風が無くなって来て、ガレージ内が快適空間に一歩近付いたような気がしますな。

20091212MA340137
他にも、電気配線作業と同じ時期にガレージ土台に水切りをつけている。ここまでやる必要もないかと迷ったのだがやる事にした。理由は二つある。まず、ガレージ土台と木材の間に雨水が入って、木材が腐ってしまうというのを防止したかったというのが一つ。もう一つは、土台と壁の間にすき間が空いており、そこから風が吹き込むのを防止したい、というのがある。

壁は2×4を既に打ち付けているので、下の一本分だけ取り外して水切りをつける。
20091212MA340138
水切りをつけると、何だか全体的に足もとがシャンとした感じになり、なかなかいいのではないかと。前回の一番最後の写真は水切りをつけた後の写真なのだが、やはり今までのガレージの写真よりもピシッと決まっているような感じがするね。

投稿者: dgr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)