キャンプで使う炭を研究する(炭屋オガ炭のレポート)


こちらのエントリにて新たにオガ炭を購入してみた事は書いてみた。
今日はいよいよそのレポートについて書いてみよう。

今回購入したのは「E-CUTちくわ炭(10kg/箱)」と言うもの。オガ炭をカットしたものではなくて、自然に割れてしまったものを詰め合わせたものなのだろう。何と言うか、辛し明太子で言う所の「切れ子」のようなものと言うのがピンと来るような。

20100126MA340166今回は送料無料と言う誘いに負けて2箱注文。合わせて20kg。どんだけ使うつもりなんだよ!という声が聞こえて来そうだが、火鉢の炭を確保するのが第一目的、暖を取るのが第二目的なのでこれからガンガン使いまくる予定なので問題なし。余ったら、夏のバーべーキューにでも使うかな…
誰か来ません?

さてここからが使ってみての感想。
オガ炭とは言え白炭。普通のそこらのホームセンターで売られている黒炭とは違い、炭に着火してもほとんど匂いは感じない。一旦火の勢いがついてしまえば数時間は火持ちし、暖かくなるのが白炭の良い所だ。

20100126MA340167ただ、以前購入したサクラ産業のオガ炭に比べると火がつきにくいようだ。今までだとオガ炭を消炭にしたものを二つほど着火し、オガ炭を加えて行けば火が広まっていったのだが、今回のE-CUTちくわ炭では難しい。ともすれば失火してしまいやすく、普通の黒炭を使って火の勢いをあらかじめつけておかないといけない事が多い。

また、次回火付け用に消炭にしておいたのにいざ使う段となって火をつけても火がつきにくい…orz
と言うこともあった。
他にも、無事に炭が燃えていたとしてもそのまま放っておくと炭が燃え残ってしまうと言うことも結構な確率で起こる。燃焼時に想定していたよりも炭の中まで熱が通りきっていないと言う印象がを受ける。

20100206MA340168とりあえずこれをキャンプツーリング時に持ち歩くとしたら黒炭とのセットが必須。その点が少し使いづらいかと感じる。4-6cmに長さが揃っているのが使いやすいのと、値段が割安なのが魅力的なのだが…
出来ればオガ炭一種類だけ持っていけば事足りるようにしておきたいのが管理人の希望。この点で今回の炭は要求を満たしていないようだ。
まあ、一番安く売られている炭で全ての希望が通るはずは無いけどねw

キャンプツーリング用の炭はまた新たに購入してみようと思う。炭探しの旅はまだ続く…

投稿者: dgr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)