TOPEAK バイキャンパーEXP ファーストレビュー


B001OZMRP6TOPEAK(トピーク) バイキャンパー EXP
半年程前に発見して以来、気になっていたテントを購入してみた。自転車の旅でも使えそうなヤツ。TOPEAKのバイキャンパーEXPである。

梅雨の合間ではあるけども、雨の降っていない時を見計らってささっと設営してみます。
バイキャンパーEXP写真
ペグは8本付属していて頭側に3本、足側に3本使用。写真の中央にある細引きにつけているペグは換気用となっているので必須ではないみたい。

TOPEAK バイキャンパーEXP写真2
出入り口はテントのこちら側から。L字のファスナーを開けると黄色のテント布あたりが開くようになっている。微妙にバスタブ構造にはなっているけど、雨には弱そうな感じかな。

TOPEAK バイキャンパーEXP写真3
テント上部には通気口が開いている。寒い時には閉じる事も可能。

TOPEAK バイキャンパーEXP写真4
テント内部に入ってみて足側を写してみた。長さ的には結構余裕があって、30〜40cmほどは余っている印象。管理人の身長が176cmなので、テント全長2m以上となりドームテントよりは頭部分の圧迫感も無い感じである。もちろんそれ以外は狭いので全体としたらバイキャンパーの方が狭く感じるのだが…w
足側はメッシュパネルとなっていて通気性も良さそう。寒い時期はこちらに荷物を置いて通気を塞いだ方が良さそうですな。

TOPEAK バイキャンパーEXP写真5
頭側の方も上半分がメッシュパネルとなっていた。
このテントは2つの異なるサイズの自転車チューブをフレーム代わりに使ったチューブ型テントの変型版だが、自転車チューブだけではこの形を維持できないのでそれぞれのチューブにアルミパイプを使用してΦ型フレームとして使用しているようだ。

とりあえず今回はここまで。次回は畳んだ時の大きさなどについて書いてみようかと。

投稿者: dgr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)