ナチュラム ちょこっとタープ


ナチュラム ちょこっとタープ
先週末の内山牧場キャンプ場でのオフでは、ソロキャンパーが20人以上も集合した。各々持っている道具も個性的で管理人も密かに参考にしていたりする。
そのなかで某Ninja糊氏に「これいいよ〜」とお勧めされたのが、今回のちょこっとタープであった。


百聞は一見に如かず、と言うことでまずは写真を挙げてみよう。これまた某Ninja糊氏の設営例で恐縮なのだが…これはコールマンのミリタリーテント(ほぼツーリングテントSTと同仕様)との組合せ。テント後室側にタープを設置して、前室後室ともスペースを確保してある。
天気が良ければタープ下でビールとつまみでまったり、天気が悪ければテント本体にある前室でウィスキーと乾き物でまったり、と全方位な使い方が可能なのが嬉しいところだw

タープ本体のサイズであるが、横幅はほぼテント長辺より少し短いぐらいの175cm。これぐらいならテント前室をほぼカバー出来て、横から降り込んで来る雨もそれほど気にならないとの事。ポールは別売と言うことなので、安さ優先なら小川のアップライトポール150cmを選択するのが良さそうである。
(ブルジョア階級であればアライテントのコンパクトポールを選んでみたり)

ポールの高さの捕捉であるが、前述の150cmは小型イスもしくは地べた座りを前提しているので、もし大型のチェアーを使うのであれば170cmのものを選ぶといいかもしれない。

投稿者: dgr

ナチュラム ちょこっとタープ”に対して2件のコメント

    オーイシ

    (2007 年 9 月 19 日 - 4:06 PM)

    ウィング型のタープを以前購入してカバー範囲の面積の狭さに泣いた当方ですorz
    やっぱり小型でもレクタかヘキサの方が実用性がありそうですな。
    今回の忍者糊さんのタープを見て痛感しましたわ。

    dgr

    (2007 年 9 月 19 日 - 11:29 PM)

    ウィング型は形がカッコイイんですが、やはり実用の面ではレクタ以上の方がいいですね。

    私はペンタを持っていますが、コイツも実際にはポールが二本無いと実用性が低いかも、なんて思っています。
    建てやすさは抜群なんですがねぇ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)