Platypus(プラティパス) プラティ・プリザーブ



年末に購入したものリストの中の一つがこれ。プラティパスのプラティプリザーブ。
欲しくなった理由としては…
昨年夏にキャンプした際に一緒に居合わせた人にワインをご馳走になったことがあって、ワインを飲むのもいいなぁと思ったのがきっかけ。こういった畳める容器であれば邪魔にならないし、なによりガラス瓶ではないから重さも軽減できる。
まあ普通のプラティパス水筒でもある程度は問題ないかと思う―容器が透明なのが気になるところだが―けども、あとはムードですかね。いかにもプリザーブのパッケージ表面がワインワインしてるのが琴線に触れたというかw

でもまあ、本当に量が飲める人であれば、下のような3L箱のワインがお得ですな。構造的に開栓しても中のワインは空気に触れない構造になっているので、ワインが酸化しないのは大きな利点かと。赤ワインであれば常温の方が美味しいのでおすすめ。

類似記事

3 comments for “Platypus(プラティパス) プラティ・プリザーブ

  1. 瑠璃子
    2012 年 4 月 17 日 at 11:58 AM

    ワイン大好きな私ですが、
    その量を1回のキャンプで消費することはできません。。
    あ!!数泊の旅をしたらいいのかそうか。
    気温上昇によってガレージが寒くなくなったから、
    冬眠から目覚めましたか?ウフフ

  2. dgr
    2012 年 4 月 18 日 at 6:51 AM

    瑠璃子さん、こんにちは。

    流石にワイン3Lは1泊では無理ですねw
    数泊、もしくは気のあった人と盃を酌み交わせば意外と早く無くなってしまうかも。
    ビールやチューハイでもいいんですが、それだと冷やしておかないと美味しくないので赤ワインというのもいいアイデアだな、と盆休み赤ワインを頂戴しながら思っていました。

    ガレージは最近寄り付けなくて、それもこれも年度末まで仕事が忙しかったからなんですが、それも一段落。
    これからぼちぼち活動再開ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。