2012GWツーリングレポート2


河原のためか、少し軽装だったのか夜が明けてきた4:30頃に寒さで目が覚める。GWの信州なので、もう少し冬を意識した装備にしておけば良かったのか。

ちなみに今回は、Snugpak TravelPak Liteにモンベルインナーシーツ、ISUKA ウェザーテックシュラフカバーの三点セット、だけどもシュラフカバーは面倒で使用せず。荷物をパッキングしたときは意識していなかったが、こうやって改めて見てみるともう少し夏が近くなってからの装備だった事に気がつく。

そうは言ってもこれほど早い時間に起きる気もしないので寝袋の中で結局6時ぐらいまで過ごす。

それからおもむろに起きだし、シンプルな朝食を作る。スーパーで購入しておいたモヤシ一袋からモヤシを軽く2つかみ程、鍋に入れて水を入れる。それから定番となった朝ラーメン。マルタイの棒ラーメン(九州味)でラーメンを食べた。
最初はシェラストーブを使ってラーメンを作ってみようと思ったのだが、ラーメンはOptimus123Rとかガスストーブできっかりと湯の温度を上げて調理しないと麺がニチャっとしてしまい美味しくない。

途中でそれに気がついたが時既に遅し。中途半端に伸びた麺を食べることになってしまったw
まあ、それもよかろう。

朝食も食べ、紅茶を飲みつつ撤収作業。パッキングが完了し出発したのは9時近くになってからだった。

MA340297

野宿地を出発してすぐの所にあった山桜。濃いピンク色が美しい。
国道沿いとは言え、そこはR152、ローカルな雰囲気が良い。

MA340298

大鹿村中心部にある大西公園に寄ってみた。園内にある桜は殆ど葉桜となってしまったが、種類が違うのかそれでもまだ咲いている木もある。4月であればここで桜祭りがやっており、人で賑わう。
ちょっと園内から高いところに登ってみればこのように見渡しのいい場所がある。山の頂はまだ冬だが、麓では春が来ているんだなぁというのがよく分かる一枚になった。

しかし、下の芝生広場であれば野宿できそうだな…今度泊まってみるか?とついつい考えてしまう。

今日はこの後、近くにある陣馬形山キャンプ場に泊まる予定となっている。野宿地からそれほど離れておらず、そのまま行ってしまうと午前中に着いてしまう。折角なので、前に偶然発見した蘭小屋キャンプ場の位置をGPSで捕獲すべく探索してみることにした。
そこは去年の夏には迷いこんで行けなかったキャンプ場。ガイドブック等には載っておらず、Google先生ですらこのキャンプ場に言及しているのはココぐらいしか無い。私も前々回に道にあった案内看板で存在を知ったキャンプ場なのだ。

今回は、前回迷った箇所に当たりをつけておいたので、それほど迷わずに行くことができた。しかし、ツーリングマップルだけでは辿りつくのが難しいかもしれない。

MA340300

場内の雰囲気。前に辿りついた時よりもまた少し寂れてしまったようだ。

MA340299

看板も伏せて倒れていたのを引き起こして撮影。利用料金が300円から200円に値下がりしていた。

MA340302

蘭小屋キャンプ場内を別角度から撮ってみた。一応水場とトイレああるが、水場の水は出なかった。水場に2009年の広報誌が残っていたので、それぐらいの年度であれば利用していた事が伺える。
場内はすこし傾斜しており、10張り程度ぐらいのキャパシティのようだ。道の向こうにもテントが張れそうな場所があり、そちらの方がフラット&広いが、許可されているかどうかは不明。次はここに泊まってみるか…その場合、水の確保だけは何とかしたい所だ。
GPSのウェイポイントに登録してから松川町中心部に下った。

MA340305

その後は松川町から中川村をぶらぶら、春の雰囲気を楽しむ。中川村は「日本で最も美しい村」連合に加入したそうな。伊那谷の風景をそこかしこから一望できる立地は確かに魅力的ではある。

そして昼食と夕食の買出しを済ませて陣馬形(山)キャンプ場に西側ルートからアタックする。
GoogleMapsなどでは東側の折草峠からしか行けないように見えるが、西側の中川村中心部から直接登れるルートも存在する。西側ルートの方が折草峠経由が一部ダートになっているのに比べ、全面舗装されているためON車ではオススメできるルートとなっている。

陣馬形キャンプ場の少し手前に東屋が設置されている場所があるのを知っているため、そこで先程買った弁当を食べつつ一服。最近は弁当も安くなっていて、カツ弁当を購入したのだが、これが何と298円。ソースがかかったカツ、下にキャベツ千切り、ちょっとしたおかず、そしてライスが付いているとなるとそこらの店で食べる名物のソースカツ丼と何が違うのか?味も私には同じようなものに思えるので、天気がいい日であればスーパーの弁当でも十分だ、という結論になってしまったw

小一時間、そこでのんびりと過ごしてからおもむろにキャンプ場に向けて出発。といっても、そこからは15分程度走るだけなので、すぐに到着。
と、何故か見覚えのあるバイク車種とナンバー×2台が…

しかし、周りに人が居なかったため、それは後に置いておいて折角来た陣馬形山を楽しむことにする。

MA340309

キャンプ場から麓と中央アルプスを望む。

MA340314

陣馬形山山頂から中央アルプスを望む。

MA340316

山頂には備え付けの望遠鏡があったので、これで駒ケ岳を見てみた。向こうはまだ冬の雰囲気。ロープウェーも動いているが、寒そう…

散策を終えて、無事にオーイシ氏、アタッカー氏、瑠璃子女史に合流。その後、キャンプ場で出会ったソロ隼氏を交えて一晩を楽しく過ごした。

MA340318

夕闇迫る陣馬形キャンプ場。手前には私のテントが鎮座している。

MA340319

晩飯はトマトピューレを使用したカレーライス。隠し味にインスタント味噌汁を使ってみたが、なかなかいい感じ。これからこのレシピを改良していくか…

翌日は天気が悪化の方向、という事なので早々に撤収(それでも一番最後だったが…)。
撤収作業自体は雨に濡れることも無かったが、帰り道は雷雨→晴→雷雨→晴という天国と地獄を行ったり来たりの環境の中、家まで走り抜けた。
雨が降っていたため写真は一切なし!

類似記事

2 comments for “2012GWツーリングレポート2

  1. 瑠璃子
    2012 年 5 月 13 日 at 4:11 PM

    2枚目の写真は、大西公園からの眺めでしょうか。
    素敵なところですね。
    あと、陣馬形山もそうでしたけど、
    わたくしごときの腕前では、zでヒラリと登場なんてできそうもないですね。
    かといってGN125で長野まで下道で行けるのか?・・・・・
    ファミリーが占拠していたため、望遠鏡をのぞけなかったことが心残りです。
    あと、スーパームーンだったため、私のヘッ電披露できなかったことも。。
    お疲れ様でした!

  2. dgr
    2012 年 5 月 14 日 at 11:11 PM

    >瑠璃子さん
    そうです。大西公園の少し上から撮ってみました。大西公園自体、眺めは良いのですが、公園の成り立ちが確か山崩れした跡地に立っていたような…
    このあたり、フォッサマグナの真上にあって、少し脆い地質になっているようです。
    陣場形もGN125であれば、高速を使わずとも来れますよ。
    広域農道をのんびり走るというのもいいものです。
    私のバイク(レブル)ですと、高速を走り続けるのもキツいので、出来るだけ下道を通るようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。