Creative ZenTouch2でGPSログ記録と地図の表示


さて、ZenTouch2をバイクに積み込む準備は出来た。
次はこれを活かしてGPSログと地図の表示を行ってみたい。
本体にGPSが付いているAndroidフォンなどはソフトウェアの欄だけ揃えればいいかと。

必要なハードウェア

必要なソフト

  • OruxMaps
  • Androidにほぼ標準で付いてくるGoogleMapsだと、マップデータの受信でオンライン接続が必須になってしまうのが個人的にはすっきりしない。地図データをオンラインで取得する場合にはこれだけで十分だが、地図データを受信するだけで通信費がその都度発生してしまうのも何だし、山の中に入って、携帯の電波が届かなくなってしまうと地図の更新が出来なくなってしまう訳なので、あらかじめオフラインの地図を作って持っていく方がいいようだ。
    そんな時にはOruxMaps。Google Play(旧Android Market)で手に入るようだが、ZenTouch2では標準で対応していないので、1mobileから入手した。
    OruxMapsはオフライン地図にも対応しているので、おすすめできる。

  • MOBAC(Mobile Atlas Creator)1.8
  • オフライン地図を作成するためのソフト。最新版は1.9.xとなっているが、マップソースとしてGoogleMapsの地図データが使用できないようになっている。なので、GoogleMapsがマップソースとして利用できる1.8をダウンロードして使用する。
    これもOpenStreetMapsが使い物になってくるとGoogleMapsに頼らなくても大丈夫になるのだが…
    robertprojectsからMobile Atlas Creator 1.8 with SQLite lib をダウンロードして解凍。Javaソフトなので、あらかじめJava RunTimeが必要になる。

とりあえず次回に続く…

参考にしたURL

類似記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。