[レブル]ブレーキOH(オーバーホール)と部品交換


GEDC0094.JPG

前回、距離を刻む事を止めたで、マグネットセンサーを取り付けるにあたってブレーキ周りを色々と眺める機会があった。
そう言えばブレーキのメンテナンスをしなくてはなぁ…と思いつつ早何年。部品は注文&ストックしたままになってしまっている。

折角の機会だし、ブレーキもメンテナンスしてみるか!と決意してみた。

と、そこで

この際、ブレーキホースも変えてみないか?>自分

という考えもチラつく。

いや、NAPSとかのバイク用品店に行くと結構ブレーキホースが陳列されているし、これに変えてみるとブレーキタッチも良くなるのかな?と思うのが人情。ただ、どれが自分のレブルに合うのかイマイチ自信が湧かないので今回は車種専用となっているボルトオンキットを購入してみた。

ACパフォーマンスライン  /車種別ボルトオン ブレーキホースキット
ACパフォーマンスライン /車種別ボルトオン ブレーキホースキット REBEL

期間限定でブレーキフルードもサービスします!と言うのに惹かれてしまったのは言うまでもないw

後、ストレート工具にてブレーキブリーダーボトルも購入。ただ、これは後にも書くけど必須アイテムでは無いかなと。

GEDC0093.JPG

まずはブレーキキャリパーのキャリパーピンを緩めた後、キャリパー本体をバイク本体から外す。キャリパー本体を外した後にピンを外すのは力が入らなくて難しいからね(でもやった)。
キャリパーピンを外してからキャリパーピストンをブレーキレバーを握って押し出す。急いでキャリパーをホースから抜かないように(でもやった)!

GEDC0095.JPG

キャリパーピストンは不均等に出てくるので、出過ぎた方を何か適当な物で押さえて―管理人の場合はブレーキパッドを間に挟みこんで―出来るだけ均等にピストンを押し出すようにする。ほぼ最後まで両方のピストンが出るタイミングでバケツなどを用意してブレーキフルードを回収準備しておこう(してなかった)。フルードは塗装面への攻撃が凄いからね。

GEDC0096.JPG

ブレーキキャリパーの内部は綺麗なまま。ピストンだけは結構汚れが付着して汚かったが…これがブレーキタッチに影響されているのか…
ゴム、ピストンとも部品交換。旧ピストンは磨いておいてストックパーツとして置いておこう。
しかし、何よりも交換が必要だったのはキャリパーピンではないかと。

GEDC0098.JPG

ピン表面のメッキが錆びついてしまっていて、滑りがどうにもこうにも悪すぎる。これも交換決定。

GEDC0097.JPG

ブレーキホースは純正よりも気持ち長めなのだろうか…?
間違いなく細いのではあるが。

組み付け自体は分解の逆手順な訳で、ここまでは特に問題なく作業終了…したのだが、ここから苦労の始まりであった。

GEDC0100.JPG

ブレーキブリーダーボトルをキャリパーに取り付け、リザーバタンクからフルードを入れてブレーキレバーをニギニギ…という作業を延々とやっていたのだが一向にエアが無くなる気配が無い。ここで一晩寝かせて翌日再トライするも症状は改善されず。

色々とWeb上で情報を探してみると、キャリパーをOHした場合はキャリパー側からフルードを入れておくといいという情報を発見した。知らなかった…
急いでホームセンター、バイク用品店を駆け巡り、注射器(シリンジ)を購入。フルードと同じACTIVE製だった。最初から購入しておけば…
余談だがシリンジは愛用しているカインズでは売ってないみたい。

後から見れば、ストレート工具でも同様のものを扱っていた。ただ、こちらはシリンジにホースが付属しているかどうかが不明。
では、改めてブレーキフルードをキャリパー側から注入してみると…

ものの10分もしないうちにエア抜きが殆ど完了!今までの苦労は一体なんだったのだ、と思うことしきり。
ここから、オーバーホール時にはブレーキブリーダーボトルよりも注射器(シリンジ)の方が役に立つ!という結論を導き出した。ブレーキフルード交換のみだったらブレーキブリーダーボトルの方が便利!とも言えますな。

GEDC0103.JPG

リザーバタンク側の写真も。敢えて青×赤の組み合わせにしてみた。少しは弄っている感じがでたかな、と。

ブレーキオーバーホール後に試走してみた所、オーバーホール前に比べて格段に良くなっている事を確認した。今までは手入れをマトモにしていなかった事もあり、いわゆる「カックン」ブレーキ―ブレーキレバーの握り具合に比例せず、最後になっていきなり効く―となっていたのだが、ブレーキレバーの握りに対してリニアに効いているという感じがするようになった。
そうそう、確か去年大型免許を取る際に通った教習車(CB750)もこんなブレーキの感じだったな〜と思ってみたり。

今回思ったのは、「やはり道具は揃えておかないと効率よく作業が出来ないものだな」ということ。オーバーホール自体は一度やってみればコツが掴めるものなので、これからはもう少しメンテナンス頻度を高めてみようかと。そのためにはもう少しメンテナンス用の道具を充実させておくかな〜

類似記事

2 comments for “[レブル]ブレーキOH(オーバーホール)と部品交換

  1. 瑠璃子
    2012 年 9 月 14 日 at 5:26 AM

    こんなにたくさん直したということは、
    やっぱり乗り続けるということですよね♪
    某O氏のあれになるとかじゃなくって。

  2. dgr
    2012 年 9 月 14 日 at 8:33 AM

    基本的に乗り換えではなく買い足しが前提ですので、アレを手に入れるには今ある収納スペースを増やすしか無いという感じですねぇ。
    そのうちガレージを増床させるつもりではあるのですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。