[イーハトーブ]エキパイ錆取りと塗装


こことかここなど、大体数年に一度やっているイベント、「エキパイ」再塗装の時期がやって来たようだ…orz

GEDC0134.JPG

またもや今回も程よい具合に錆びついてしまったエキパイ部分の錆取りと塗装を行うことにした。
前回はラストリムーバーとジンクコート、耐熱塗装という組み合わせでやってみたのだが、やはりジンクコートは具合がよろしくなかったのか、使用していくうちにコートが剥がれ落ちる→剥がれ落ちた箇所から錆びる、というコンボ技が炸裂し塗装の持ちは良くなかった。
今回はその反省を踏まえて、もう少し錆びにくい方法を探ってみる。

前回、錆取りにラストリムーバーのような酸を使ってみたのはエキパイの再塗装(錆び落とし〜下塗編)で書いたとおり。それ自体は問題が無いと思うが、酸を落とすのに「洗剤を使う」という情報を元に洗っている。ただ、どうやらここで言う「洗剤」というのは酸を中和させるようなアルカリ性の洗剤の意味合いだったようだ(もしくは重曹でもいいらしい)。
このあたりをあまり調べていなかったので、酸が落ちきらずに錆びやすくなっていたのではと推測してみた。

今回はその反省を元に前回のラストリムーバーの余りで錆取りをした後、アルカリ性の洗剤で中和。その後落ちきっていない箇所はジスクグラインダーで錆取りと行ってみた。
そして耐熱スプレー、だいぶん前に入手していたオキツモ製のものを使ってスプレーしてみた。

GEDC0137.JPG

これであと数年は大丈夫かな…

GEDC0145.JPG

投稿者: dgr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)