[イーハトーブ]DAYTONA製機械式ミニスピードメーターに交換


GEDC0144.JPG

イーハトーブのスピードメーターの針が折れてしまったのはかれこれ2年半以上も前の出来事。最近になってメンテナンス熱の高まっている管理人、このままこの熱にうなされるままスピードメータの補修に取り掛かることにしてみた。
で、上の写真のようにスピードメーターの針を復活させてみたのだが…

針がピクリとも動きませんorz

どうやら補修作業の間にトドメを刺してしまったようで。
ま、まあ直したとしても恐らくメーター読み値と実際の速度が10km/h程も違うのであまり役に立つこともあるまい、と強弁してみる。オドメーターは動作するんだけどねぇ。

このままだと実際の速度が分からないのでスピードメーターを購入してみることにした。

DAYTONA デイトナ /機械式スピードメーター(バルブ照明)
DAYTONA デイトナ /機械式スピードメーター(バルブ照明)

LED照明にしたいところだが、それは12V専用。イーハトーブは6V車なので、そのままでは使用できないので断念。今回購入した機械式ミニスピードメーターは12V車用となっているが、照明バルブを6V用に変更すれば問題なく使用できる。

DAYTONA デイトナ/補修用バルブ
DAYTONA デイトナ/補修用バルブ

さてここからが実際の作業となる。
GEDC0153.JPG
まずは旧スピードメーターを取り外す。スピードメーター内に配線されている照明用ライトの配線は下の写真で言うところの緑色と茶色の線。このギボシを外しておく。

GEDC0154.JPG
下の線が純正のスピードメーター用バルブのもの。上がDAYTONA製スピードメータのバルブ配線。少し短くなってしまうが、使用する際には問題にならない。

GEDC0155.JPG
ライトケース内に配線をしまうまえに導通の確認をしてみる。写真のように点灯すればOK。極性はLEDではないので関係がないと思う。

GEDC0156.JPG
純正のスピードメーターのサイズ(直径)は80mm程。それに比べるとDAYTONA製ミニスピードメーターは60mm程しか無いため、取り付け方に工夫が要る。今回は出来るだけ純正っぽくつけることを目標に上の写真のように付けてみた。スピードメーターから出ているボルト軸が出来るだけ純正の取付孔位置になるようにメーターに向かって右側、ニュートラルランプ側に寄るように止める。

GEDC0158.JPG
取付孔位置とボルト軸を合わせても、今度はスピードメーター左側のボルト軸がバイク本体にひっかかり上手く取り付けられないため、M6のナットで少し浮かせて取り付ける。

GEDC0159.JPG
そして交換後の写真。スピードメーター文字盤を白にした理由は、夜でもこちらの方が視認性が良いのでは?と考えた結果。まだ夜中に走っていないので効果は分からないのだが…
今年の梅ケ島ぐらいには効果が分かるだろうw

投稿者: dgr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)