[レブル]前シート張替え完了


シートの破れが無視できなくなっているで述べたレブルのシートのひび割れ状態、これ以上続ける訳にもいかないだろう。という訳でシートの張替え作業を行ってみた。

GEDC0213.JPG

後シートをまず外し、それから前シートを外す。このあたりは何回も行っているので問題なく作業が進む。基本的な作業についてはスタンダードさんのページにて手順が書いてあるのでそれを参照すると良い。
問題はこの後にあった。前シートから上写真にあるようにナットを外したいのだが、向かって左側のナットを回そうとすると軸も共に回ってしまう…orz
色々試行錯誤した挙句、埒があかないのでグラインダーでボルト軸を削る、ナットを割る等の行為を行い金具を外すことに成功。ただし、元に戻す場合にどうするかを考えなくてはいけなくなってしまった訳だが。

GEDC0214.JPG

GEDC0215.JPG

続いてシート表皮を止めているタッカー針をマイナスドライバーで取り外す。表皮が取れてしまえばシートベースもポロリと取れる。しかし、シートの中は結構ボロボロやねぇ…これはどのバイクでも年数が経ってしまえば、このような感じになってしまうのだろうね。

GEDC0216.JPG

これが注文したレブル前後シート表皮の内容で、今回は前シートのみ使用。後ろはまたシートが破れた時に張替えようかな…

GEDC0218.JPG

これはシート表皮につけるボタンをシート裏から止めるための留め金。今回購入した内容には入っていないので、元からあったものを再使用する。

GEDC0219.JPG

購入したレブル前後シート表皮セットに含まれているビニール袋を二つに別けて、シートの座面をくるんで裏をテープで止める。これはシート表皮が防水では無いので、シート表皮内側をビニールで防水するとのこと。元のシートも同じような構造だったので、これはこれで問題なしだ。

GEDC0222.JPG

シート表皮をかぶせたところ、表皮と防水シートにはあらかじめ目打ちなどで下穴を開ける必要がある。今回、飾りボタン止め無しでシート張替えを行おうと思っていたのだが、アドバイス通り従来と同じように飾りボタンが無いとシートの皺は取れないだろうと判断した。

GEDC0223.JPG

飾りボタンに付いている糸を飾りボタンから5.5cmの所に結び目を作る。

GEDC0225.JPG

タッカーはコメリで入手した物。これでシートを止めたり、ガレージのタイペックを止めたり大活躍。数百円程度のモノなので購入しておいて損は無かった。

GEDC0226.JPG

飾りボタンを止める。この段階ではまだそれ程シートは張っていない。

GEDC0227.JPG

前後左右、シート表皮を引っ張って出来上がったのが上の写真だ。一つ上の写真と比べてみると大分ピンとシートを張っているのが分かるかと思う。

GEDC0228.JPG

そして、張替え後レブルに装着した写真。
シート表皮は交換前のものと比べると、少しツヤ消しっぽい感じ。いずれ後シートも張り替えるのでそれ程きにしている訳でも無い。シートの皺に関しては、まあこんな感じかな〜と思う程度。元々飾りボタンで皺も出やすい形状のシートなので、写真ぐらいの出来具合であれば上々だと思う。

シートに座ってみた感じだと、張替え後の方が何だかしっかりしているように思える。スポンジを交換したわけでは無いので、はっきりした理由は分からないのだが、恐らく以下の事が影響しているかもしれない。
シート自体について、交換前のシート表皮はかなりヤレて薄くパリパリとした感じだったのに対し、交換後のシート表皮は素材単体でも肉厚で柔らかいという感じがした。
交換前後のシート表皮についてはイーハトーブのシート張替えをしたときにも感じた事だったので、シート表皮がヤレている場合は張り替えをするだけでも結構効果があるのかな、と思う。

投稿者: dgr

[レブル]前シート張替え完了”に対して2件のコメント

    hinaemon

    (2012 年 10 月 25 日 - 9:21 PM)

    おぉ、完成されましたね! 私もシートを固定するボルトが共周りして取れませんでした。結局アンコを抜いたあとにドリルでボルトを揉んで抜きました。
    新車のような気分で気持ちいいですよね!

    dgr

    (2012 年 10 月 27 日 - 11:28 AM)

    おかげさまで前シートのみですが張替えできました。アドバイス有難うございました。

    やはりボルトは共まわりしましたか…
    後シートも少し手がけようと思ったのですが、そちらも共回りしそうな雰囲気です。ネジロックでもしてあるのかと思いましたが、そんなに力がかかる場所でも無いですし…
    もしかしてと言うこともあるので、後シートのネジは少し炙ってから外してみることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)