年越しキャンプでテントシューズの効果を確かめてみた


年末〜年始と年越しキャンプを野田山で行なってきた。
その際の寒さ対策として持っていった道具の中にダウンソックスがある。アウトドアショップではテントシューズとしても売られている。テントシューズは今検索してみたら場合は4〜5000円以上もする代物だ。

もう少し安く手に入れたい管理人は、偶然にも近所(でもないか)の西友で手に入れてきた。確か999円だったかと。さすが西友、毎日安いw
ダウンソックス、ルームシューズと言われているものだ。メーカーを見てみると「ユーアイ」と書かれているが、ネット上ではあまり見つからないようだ。

上記のような部屋履きのダウンシューズが管理人の購入したユーアイ製ダウンシューズ(製品名あったかおやすみシューズ)と似たようなものになるだろう。

で、キャンプで使ってみた結果と言えば、「冬キャンプでは持っていく事をオススメするレベル」。
特に就寝時に足先からの冷えを防ぐのに欠かせないかと。頭と足先は意外と考慮していないことも多いが、これがあればかなり快適に過ごせるかと思う。

ちなみに年末年始の管理人の装備は以下のとおり。これでマイナス数度まで問題なかった。
・イスカウェザーテックシュラフカバー
・ナンガ ダウンバッグ500DX
・モンベル インナーシーツ
・キャラバン ダウンパンツ+ダウンシューズ

個人的には上記の装備に加えて、シュラフカバーの上に更に軽くアルミシートを被せるような形にしたのが防寒の上で良かったのかなと思う。あまりきちんと被せると結露してしまうので注意すること。

本題に戻そう。
テントシューズを履いていると快適なのは確かな事は書いた。で、これを履いていると、外に出る際にいちいちテントシューズを脱ぐのが面倒くさくなってくるわけでw
そんな際にプロにモンベルのテントシューズカバーが良いよ、と教えてもらったのだが、家に帰ってみてから調べてみると下記のものが相当するように見える。

うーん、実際に見せてもらったテントシューズカバーの方が黒一色で格好良かったような。それとも暗闇だったのでツートンカラーだったのが分からなかったのだろうか。

投稿者: dgr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)