秋のキャンプ道具工作


先月、意を決してMu-SHOCKを購入した(になったとも言う)ので今月末まで割と暇だったり。
来月からは動き出すので、今月に出来る事はやっておかないとなー、という事で衝動的に工作を行ってみたりした。

DSC_0860.JPG

主な材料はステンレス打ち込み棒250mmを三個、7mm径ステンレスパイプを三個、銀ロウ、銀ロウ用フラックス、バーナー。あと真鍮パイプも写っているが、これは別の工作に使う予定だ。
(ナスカンは手持ちにあった部品)
写真に写ってはいないが、ユニクロステーも三個購入。
バーナーは以前、ランタンのガラス補修に購入したものがあったが、火力が足りなくなるかもしれないのと引き金タイプのオートイグナイタでワンタッチに着火できる機構を持った本製品がとても便利そうに見えたのでこれもついついご購入。

DSC_0861.JPG

まずは打ち込み棒の先端5cmを切断。その後同間隔ぐらいで二回切断。一本の打ち込み棒を四分割する。ステンレスパイプは33cm,33cm,残りというように三分割。

DSC_0862.JPG

切断した各パーツはベンチグラインダーで面取り。ずっと動かしていないものが手元にあったので動作確認も兼ねていたりする。兼ねていたりする。

DSC_0864.JPG

切断した打ち込み棒の1.5cmぐらいは紙ヤスリで研磨。今から思えばここの研磨はもっとしっかりやっておいた方が良かった気がする。
この後は打ち込み棒とパイプをロウ付け。さすがにロウ付けになると写真を撮っている余裕が無い。ロウ付けは初めてだったのだが、やはり思ったよりに上手く行かない。もう少し練習するべきだったかな。YouTube動画で予習しておけば良かったと反省するばっかり。
後は薄肉のステンレスパイプだったのもロウ付けが上手く行かなかった原因の一つ。次こそはロウ付けをうまくやりたい。

DSC_0865.JPG

そして完成したのが上の写真。トライポッドを作ってみたのである。市販のトライポッドは重いので、もうちょっと軽量なものが欲しかったんだよね。ダッジオーブンをつり下げる予定は無いので強度もそこそこで十分ではないかと。後は電灯つり下げチェーンを買って装着すれば完成。

DSC_0866.JPG

ユニクロのステーは、こうやって三角形にしてロウ付けしてみた。これで使い物になるかどうか、今度のキャンプで試してみたい。

類似記事

4 comments for “秋のキャンプ道具工作

  1. イワタ
    2013 年 10 月 23 日 at 2:00 PM

    Mu-SHOCKとは清水りましたな。アカ坂の御仁にも(r

  2. マツオカ
    2013 年 10 月 23 日 at 10:15 PM

    ようやく意味がわかりました・・・。

  3. dgr
    2013 年 10 月 23 日 at 11:06 PM

    アカ坂の御仁と知り合った頃は、前の前の職場だったのに…
    Mu-SHOCKはやっぱり欲しくなったのでね〜w

    来月からは名古屋圏にちょくちょく顔を出す仕事になりまする〜。

  4. dgr
    2013 年 10 月 25 日 at 7:37 AM

    >マツオカさん
    そうなんですよ。そろそろ期間が終わりそうなので社会復帰できるかどうか心配ですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。