スノーピーク トレック900その後


先日スノーピークのトレック900とオプティマスの123Rの相性について色々と書いてみたのだが、その続編を書いてみようかと。

いつもはナチュラムからの購入となるのだが、今回はAmazonをチョイス。ついでにツーリングマップル中部版を買っておきたかったのだ。
送料も1500円以上なら無料となるので、金額が少ない場合はAmazonも選択肢の一つになるだろうね。


実際に使ってはいないのでこれから色々と気づくこともあるだろうが、今のところは123Rをそのままパッキングしても問題なさそうな雰囲気。
トレック900自体にスミフロン加工などがしてあるのかと思ったが、どうやらそんな感じではなく「ただのアルミ鍋」といった感じだ。

となると、やはり最初は米のとぎ汁で煮沸すべきなのだろうか?
ちゃんと説明書を見てみるか…w

スノーピーク トレック900 SCS-008 スノーピーク トレック900 SCS-008

by G-Tools

投稿者: dgr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)