イスカ ウェザーテックシュラフカバー使用レポート


イスカ ウェザーテックシュラフカバー
前回(といっても去年の12月…半年近く経ってしまっているね…)紹介していたイスカのウェザーテックシュラフカバーだけど、実はもう使っていたりして。
年末に購入して数回、冬季の信州やGWの東北ツーリングに使ってみた。今日はその際の感想を書いてみよう。


前に使っていたモンベルのPTLX.カバーは一枚布といった感じだったが、今度のイスカのカバーは生地も割と厚めでしっかりとした作りになっている。
その分収納時の大きさも二回りほど大きくなっている。まあ、このあたりは誤差の範囲内、という事にしておこうw

2月の信州ではモンベルのスーパーストレッチバロウバッグ#1と組み合わせて使ってみたが、シュラフが濡れることも無く快適に過ごすことが出来た。
また、GWの東北ツーリングでは昨日レポートしたAlpineDesignのダウンシュラフと組み合わせて使ってみた。効果の程は…うーん、シュラフカバーって偉大だね、という感想の一言に尽きますな。
ダウンの保温性が一層引き立つような感じがして、管理人の中では秋~春には手放せないアイテムとなった。

ひょっとしたらゴアテックス素材のシュラフカバーまで行き着く(買ってしまう)かと思ったシュラフカバー選びの旅だけど、案外早く決着してしまったね。
もうちょっと彷徨ってみても面白かったんだけど、これはこれで仕方ないかw

投稿者: dgr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)