野田山キャンプ覚え書き


シャングリラ6+今回の野田山キャンプでの覚え書き

寝る際には水タンクをシュラフ内に入れておく
流石に氷点下でのキャンプの場合、水タンクを外に置いておくと中で凍ってしまう。翌朝の水の確保に一苦労するので、そうならないためにも水タンクはシュラフ内に入れておくといいかなと。

横向きでは寝ない
管理人は普段は横向きに寝る人なのだが、キャンプでは仰向けに寝るのがいいような気がした。というのも、横向きに寝ると何故か上側になる肩のあたりが寒くなって来るのである。シュラフにはちゃんと潜り込んでいるので防寒の点では問題ない筈なのだが…
想像で言えば、横向きになった際に上になった部分は血の巡りが少し悪くなるのでは?と思っている。実際に横向きで寒さを覚えた後、普通に仰向けになったら何とも無くなった。

アルミ毛布は意外と使える
焚火に当たっている際に、下半身は外気を遮断するようにアルミ毛布を巻いてみたが、効果はテキメン。上半身が少々寒い思いをしても、下半身が暖まっていれば意外と平気に過ごせるようだ。
例えは少々違うが、露天風呂で半身浴していても大丈夫な感じ、とでも言うのかなw

後は思い付いた時にまた書いていこうかと。

投稿者: dgr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)