GARMIN eTrex Venture HC(ベンチャーHC)

GARMIN(ガーミン) eTrex Venture HC(イートレックス ベンチャーHC)GARMIN eTrex Venture HC(ベンチャーHC)
GARMINのGPSもモノクロ時代であればLegend以上のモデルが20万分の1地図を搭載しており、モノクロVentureはポイント表示、つまり山の頂上などしか表示されないのでバイクのナビ兼用などには到底使えないものであったのだが…
時代は変わり、カラーのVentureは地図表示も出来るようになったみたい。
GARMINのGPSは海外モデルと国内モデルの価格差が激しい事で有名であったが、どうやらこのVentureではそのような事も無い様子。となると最初から日本語化&マップが搭載されている日本語版の魅力が増して来ると言うもの。
紹介GARMIN eTrex Venture HC(ベンチャーHC)の続きを読む

今回の旅の走行ルートをログってみた

さて今回の旅はGarminのeTrex Legendに軌跡を記録しておいたのである。毎日軌跡を保存するのはちと手間ではあるが、先ほどパソコンに読み込んでみたところ無事成功。
GoogleEarthにて旅の全容が明確に判るというのも面白いですな。
紹介今回の旅の走行ルートをログってみたの続きを読む

DL/G*201(Wintec WBT-201)

昨日のGPSネタを引っ張ってみるw
以前Campediaでも取り上げられた事があるSONYのGPS、GPS-CS1KのようなGPSデータロガーは最近(といっても大分前)種類が増えて来たようなのである。
データを記録する以外、余計なインターフェースを持たないこれらの機種はやはり安価に軌跡を取れるのが魅力的だ。
しかも、レシーバの感度も性能アップ。管理人のLegendも感度はお世辞にもいいとは言えないので、マップはツーリングマップルで十分、データだけは欲しいという人には購入の検討の余地があるのでは?と思っている。

紹介DL/G*201(Wintec WBT-201)の続きを読む

gpsbabel+GoogleEarthの性能に驚愕してみる

GarminのeTrexLegendを手に入れてから早どのくらいの月日がたったのだろう…
しかし管理人の現状を見るに、ただの地図としての使い方しかしておらず、これはこれで贅沢な使い方…というかただ勿体無いだけではないかと思い始めた今日この頃であったりする。
一応Legendのデータは気がついたときにパソコンにダウンロードするようにはしていたりする。のだが、Legend→RS-232C→USB RS-232C変換器→工人舎ノートパソコンと色々と経路を辿りつつ、カシミール3DというソフトでGPSのロギングデータの吸い上げは結構面倒臭い。

紹介gpsbabel+GoogleEarthの性能に驚愕してみるの続きを読む

GARMIN eTrex Legend Cx 日本版

GARMIN(ガーミン) eTrex Legend Cx 日本版
管理人の持っているLegendの後継機種はコレ。モノクロ液晶からカラー液晶へと大きく変わっている。
個人的にはモノクロの方が見やすいと思うので羨ましくなんかないのだが、それ以外だと結構羨ましい点があったり。

・PCとの接続方式がUSB接続となった(データ転送が速くなった)
・外部メモリスロットとしてmicroSDが使える
・USB接続の場合は電源供給も可能

紹介GARMIN eTrex Legend Cx 日本版の続きを読む

GARMIN(ガーミン) eTrex Legend


iconGARMIN(ガーミン) eTrex Legend(イートレックス・レジェンド)
icon
先日自転車で伊那谷を巡っていたのであるが、そこで役に立ったのがau携帯電話のGPS機能。
現在地が判らなくなっても携帯を少し操作すれば割と正確な精度で自分の居場所が判る。
初めて走る山の中などではGPS機能に何度も助けられており、ポタリングやツーリングでは欠かせない、というかいざという時に役に立つアイテムとなっている。

紹介GARMIN(ガーミン) eTrex Legendの続きを読む